パート×フリーランスのメリット・デメリット

仕事 仕事をつくる

【パート×フリーランス】主婦で複業のわたしが思うメリット・デメリット

こんにちは、まりころ(@maricoro2019)です!

わたしは週に2日パートで外で働きながら、その他の日にフリーランスとして活動をするという働き方をしています。

この働き方は安定とチャレンジのバランスがとれて今のわたしにはすごく合っています!

  • フリーランスとして駆け出しだから金銭的にも他で収入が欲しい
  • パートだけじゃなくて他にもいろんな事にチャレンジしてみたい

そういった思いがある人におすすめなので、今回はわたしが感じるメリット・デメリットについて解説していきたいと思います!

「パート×フリーランス」のメリット

①金銭的に安定がある=心の安定

これはとくにフリーランス駆け出しさんにすごくおすすめ。

仕事もらえない、固定収入がない状態で安定した収入がないというのは金銭的にももちろん辛いけど、メンタル的にも安定できなくなります。

パートなので正社員のような雇用の安定や金銭的なメリットがあるわけではありませんが、

少ないお給料でも “ 時間×時給 " がちゃんと発生するというのはフリーランスとは違うとても大きなメリットです!

フリーランスをするとほんとこれが身に染みる

もしシフトが柔軟に変更できるパートなら

  • 来月はフリーの仕事が少ないからパートを増やそう
  • パートが繁忙期で給料がいつもより多いからフリーの仕事は抑え目で

など金銭的にも色んな調整ができると思います!

②気持ちの切り替えができる

フリーランスの仕事は基本一人でしているので、色んなことを考えすぎてしまったり、家にいても頭の中がお仕事モードになってしまうことも多いです。

家でできる・自由が利くというのがフリーランスの特権でもありますが、私生活との境界線が引きづらいという側面も。

プライベートと仕事を切り離すのが会社員よりずっと難しい!

でも外に出て電車に乗り、パートに行くとその時間はその仕事だけにただひたすら集中をしてガンガン仕事をする感じがいい気持ちのスイッチになっていたりします!

わたしの場合は飲食系でが頭と体を使ってガーーっと仕事をする、もはやスポーツ!といった感じ。

(ちゃんとそこにも責任感はありますよ)

仕事を持ち帰るようなこともないので終わったらその場でパチッとスイッチをOFFにできるのもポイントです!

③体の負荷が分散できる(バランスがとれる)

仕事がデスクワークで基本ずっとPCを使っているのでこれが本当に体にきます。。

連日のPC作業や長時間の作業をしていると肩こりや首コリがひどくなるし、腰にもすごく負担がかかって腰痛にも悩まされます。

長年思っていたけどわたしの体はたぶんPC作業と相性が悪い!

また、座っていることが生活の中心になるので運動量が少なくなり太ります(泣)

なのでそこに立ち仕事で動き回るパートの仕事が入ることで体の負荷も分散されるし、仕事をしながらカロリーを消費できる!笑

これは複業をはじめるまであまり思っていなかったメリットですが、

  • デスクワークばかりでつらい
  • 立ち仕事ばかりでつらい

そんな体の負担も分散できるのってすごくメリットだな~とすごく感じています!

④チーム感を味わえる

これこれ。

一人で仕事をするフリーランスが圧倒的になくなるのはこの感覚なのでは?!と思っています。

フリーランス仲間でチームを組んで案件に取り組んだりすることもあるかと思いますが、やっぱり個人事業主なので自分の事業のことは自分ひとりで考えていかなければなりません。

フリーランスの人がよく孤独感があるっていうよね

人と一緒に仕事をするのって大変なこともあるけど、職場のあるあるで盛り上がったり、たわいもない会話をしたり、楽しい面がたくさんあるな~と改めて感じています。

そしてスキルや仕事のこと以外にも人間としての学びもたくさんかあります。

 

⑤休みのリスクが減らせる(分散できる)

子供の体調が悪い・自分の体調が悪いなどで急に休まなきゃいけない時って仕事先への申し訳なさもあるし、進行している仕事どうしようとか色々本当にツライですよね。

体調が悪い子供のことが心配なのに、” まいった ” ” 仕事どうしよう ” という気持ちが全面にでてしまったり(泣)

でもわたしの場合、パートに行くのは週に2日にしているので、週4.5日パートで埋めるよりバッティングしてしまうリスクがだいぶ減らせていると思います!

フリーランスの仕事は仕事時間をずらしたりとかで別の日で調整とか自分次第なので、生理痛がしんどい日とか頭痛がひどい日なんかも潔く休むことができます。

これってかなりメンタルに優しい

⑥身だしなみをちゃんとする

オシャレも美容も大好きだけど家で仕事をするときはすっぴんでパジャマみたいな恰好で過ごしてしまうことが多いわたし。

仕事から帰ってきた旦那さんからすると朝と同じような姿で迎えられて(いや、むしろ疲弊している)残念な妻であろう。。

でも外で仕事をするとなるとちゃんとメイクをして(あたりまえ)身だしなみを整えるようになり、人目にさらされることで美意識も上がってきます!

年齢とともに色んな衰えがでてくると思うけど「なんでもいいや~」「どうでもいいや~」ってなったらおしまい。というのがわたし達夫婦の共通認識なので、

パートに出ることで気持ちが引き締められる事がだらけてしまうわたしにとってはメリットです!

 

「パート×フリーランス」のデメリット

①スケジューリングをミスると地獄

「パート×フリーランス」の働き方でやっていこうと思うと、スケジュールを組むのが大変というところが一番のデメリットで地雷ポイントだと思います。

単純に1つの仕事のスケジュールで組むことができないので、うまくスケジュールが組めなくなると仕事であふれてしまっていっきに地獄化してしまいます。

パート先で急な欠員があった時は急にヘルプに行くこともあるし、フリーの仕事で思うように案件が進行せずに詰まってしまうことも、、

自分だけの都合ではどうにもならないこともあるので、そんな時に地獄化しないためにもやっぱり余白の時間を入れておくことも仕事のうちと思って確保するようにしています

ココロすこやかにいるために超重要!

フリーの仕事の方はその仕事の重要度や緊急度を把握して優先順位をつけておいたり、細かいタスクに分けたりしてリスケしやすいよう心がけています。

②大きな案件・急な案件がうけられない

完全フリーランスで仕事をしている場合と比べて受けれない案件が出てきてしまう可能性はあります。

パートが定期的に入っているのでフリーランスの方でもし週に5日コミットするような案件や急ぎでお願いしたいという案件が入ってきてもパートに割いている時間もあるのでそこはちょっとシビア。

ただわたしはパート先に別に仕事があること、そっちが本業であることを伝えてあるので先のシフトに関しては要相談できる環境ではあります!

ほんとに感謝♡

なるべく仕事を取りこぼさないためにも

  • 1週間シフト制
  • 勤務日数の融通の利く仕事

などパート環境選びは慎重にするのがおすすめです!

 

③経理作業が複雑になる

フリーランスだけの経理作業だけでも分からないことも多いし、大変なのにパートの給与がはいることで経理作業は一段と複雑になります(泣)

ここが本当いやだ~!!!
  • フリーランスとしての事業所得
  • パートでの給与所得

での収支をしっかりと把握して管理していくこと。これが大切になってきます。

ただきっとこれは慣れでどんどん時間もかからなくなっていくはず(だと信じたい)なので逃げずに向き合うしかありません。←自分へ。

④慣れるまでは頭も体もしんどい

今すでにパートをしていてこれからフリーランスの活動をしたい。フリーランスとして活動しているけどパートもはじめたい。

どちらの場合も新しいことが生活に追加されるので頭も体もはじめはしんどいと思います

やる気がでてたりするとテンションがあがっていて気付きづらいですが、スタート時は絶対ココロにもカラダにも負荷がかかっています。

なのではじめは自分に甘すぎるくらいゆるりとスタートすると徐々に生活に馴染んできてうまく回るようになります♡

まとめ

以上が「パート×フリーランス」の複業主婦のわたしが思うメリット・デメリットでした!

わたしは安定とチャレンジのバランスがとれるこの働き方がすごく今は心地よく感じています!

同じような働き方に興味がある、やっていみたいと思っている人の働き方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました♡

おーーわりっ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-仕事, 仕事をつくる
-, ,

© 2021 すこラピ Powered by AFFINGER5